MG(1/100) ガンダムバルバトス プラモデルレビュー(鉄血のオルフェンズ)

ガンプラ

こんにちは!こんばんは!はじめまして!

今回はバンダイから発売された、MG ガンダムバルバトスのガンプラキットを紹介していきます!

このキットは、定価4950円(税込み)で2019年に発売されたキットです。

主観ですが、難易度は以下のようになっています。

難易度★★☆
複雑さ★★☆
細かさ★★☆
所要時間★★☆

フレームが本体と言っていいほど細かく作られているので、機械を組み立てているような感覚で面白いキットとなっています。
早速作成に取り掛かっていきましょう!
今回から目次を入れてみました。下の目次の流れでご紹介していきます!

ランナー

ランナーは全部で18枚、カラーはフレーム:グレー(茶色身がある)、外装:白・青・赤で一部クリアパーツやメッキパーツがあります。
フレームのランナーだけで7枚あるので、フレームの組み立てだけでも面白そうです。

実際にフレームだけで組み立ててみました。

フレーム

フレームだけでほぼ完成していますね。
ロボットを組み立てているようでテンション上がりました。
(ターミネーターに見える、、笑)

肩、肘、膝、アキレス腱部分にシリンダが設けられていて、関節を動かすと連動して動くようになっています。
こういう機構があると動かすのが楽しくなりますね!

以降、各パーツ毎の紹介です!
フレームに装着前と後で並べていきます。

頭部

フレームだけでも原型はありましたが、外装をつけるとさらに角が尖ってスマートに見えますね!

胴体

外装パーツは多くないですが、一気にフレーム感がなくなりました。
これはすごい。
シリンダー部はしっかりと見えていてメカ感を損なわないいいデザインになっていますね。

腕部

フレームだけでは細身な感じでしたが、外装がつくとマッシブな感じになりました。
これは強そう。。

脚部

こちらも力強い足に早変わりです。
つま先が爪のようになっているのはなかなか見ないですね。

腰部

剣闘士のような風貌になりました。

武器類

バックパックと武器(左から滑空法、太刀、メイス)です。
各武器はバックパックにマウントすることが可能です。
バックパックのギミックとして、武器をマウントする部分が開くのですが、ここにもシリンダが設けられています。
細かいですね~

組み立て

全体を組み上げました。
フレームだけのほっそりとした印象から一変してがっしりと力強い印象に変わりました。
これはかっこいい。

ポーズ

各武器を持たせてポージングしてみました。
左はパッケージ絵と同じポーズとなっています。
ちゃんとできるところがすごいですね。

おわりに

以上、いかがだったでしょうか。
少し前のキットなので、入手性はあまりよくないですが、気になっている方で、もし見つけられた際はお手に取られてはいかがでしょうか。
フレームだけでも組み立てる価値あり!と思います。
少しでも参考となればうれしいです!

それでは、また別の記事でお会いしましょう!

良いプラモデルライフを!!

↓参考としてネット通販のリンク張っておきます。
気になる方はぜひ覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました