HGCE(1/144) エールストライクガンダム プラモデル紹介(ガンプラ)

ガンプラ

こんにちは!こんばんは!

今回はバンダイから発売された、HGCE エールストライクガンダムのガンプラキットを紹介していきます!

このキットは、定価1430円(税込み)で2014年に発売されたキットです。

毎度主観ですが、難易度は以下のようになっています。

簡単でありながら、とてもかっこいいガンダムが作ることができます!
HGエールストライクガンダムのプラモデルは、ガンダムSEED放送当時に出たものを作ったことがあり、個人的に思い入れのあるものでした。
SEED放送時のキットを作ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当時のキットの思い出も交えつつ、紹介できればと思います。
では、早速作成に取り掛かっていきます!!
以下の流れで紹介していきます。

ランナー

ランナーは全部で9枚となっています。
最近公開したものの中では一番少ないですね。

頭部

形完璧ですね!かっこいい
昔のキットではちょっとぼたっとした見た目だった記憶があるのですが、頬周りが特にすっきりしているように見えます。
アンテナの先端は危なくないようにフラッグがついていますね。これは削ってシャープにしようかな。

胴体

色分けが多くなったと思います。
昔は前面のグレー部分がシールだったと思いますが、本キットではパーツでの色分けになっています。
色塗らなくても胴体はほぼ完璧ですね。
後部のスラスターは塗装が必要になります。
腕がつく部分はポリキャップになっていて、前側に少し隙間があるので、腕を前に出すことができるようになっていますね。

腕部

腕で特に注目したいので、関節が2段階で曲げれるようになっているところです!
かなり可動域が広くなってますね。素晴らしい!
肩パーツにボールジョイントが一体化しているので、他のキットに比べると動かしにくそうかも、、

脚部

こちらも二段階の関節になっています!
リメイクでのうれしいポイントです。
足も当時のものに比べるとシャープになっている気がします。バランスが全体的によくなっている印象です。

腰部

こちらもバランスが良くなっているように感じます!
アサルトシュラウドを収納するギミックはないですね。裏側も肉抜きになっているので、気になる方はパテなどで埋めるのでしょうか。
前側のスカートは左右一体となっていますが、つながっている部分を切り取れば別々に動かすことができそうです。

バックパック

エールストライカーも色分けが増えたり、バランスが見直されている気がします。
羽を折りたたむギミックもついていて、発進待機状態も再現できます。

武器類

左からビームサーベル×2、アーマーシュナイダー×2、シールド、ビームライフルです。
注目したいのはビームサーベルです!
昔のキットは腕とビームサーベルが一体で、白一色となっていましたので塗装必須でしたが、本キットでは別体+クリアパーツ使用となっています!この変化はうれしい!!
全体的に色分けは少ないですが、シンプルながらカッコよさが滲み出ていますね。

組み立て

上段はストライクガンダム、下段はエールストライク+武器装備です。
プロポーション完璧で文句のつけようがない仕上がりになっています!
武器なし状態でも文句なしのカッコよさ!すごい!
素組だけでも十分な満足感があります。

ポーズ

各武器を装備した状態でポーズをつけてみました。左上のいわゆるシード撃ちと言われるポーズも可動域が増えてやりやすくなっています。エールストライクのビームサーベルへも問題なく腕が届きます。
空中戦が主体のガンダムなので、アクションベース必須ですね!

おわりに

以上、いかがだったでしょうか。
SEED放送当時に作ったことがある方へもお勧めできるキットとなっていました。
また、来年にSEEDの映画が公開されるとのことで盛り上がりが再燃してきているみたいですので、SEED関連キットを気になっている方も是非作ってほしい仕上がりとなっています。
少しでもこの記事が参考になればうれしいです!

それでは、また別の記事でお会いしましょう!

良い、プラモデルライフを!!

↓参考としてネット通販のリンク張っておきます。
気になる方はぜひ覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました