HG(1/144) ガンダムシュバルゼッテ プラモデルパチ組レビュー(水星の魔女)

ガンプラ

こんにちは!こんばんは!

今回はバンダイから発売された、HG(1/144) ガンダムシュバルゼッテ(水星の魔女シリーズ)のガンプラキットを紹介していきます!

このキットは、定価2090円(税込み)で2023年に発売された最新のキットになっており、最近再版されて購入された方も多いのではないでしょうか。
グエル先輩が乗ると思いきや、最後まで乗ることはなかったですね笑
水星の魔女は学園物と思いきやしっかりと戦争要素が入っていて歴代ガンダムに劣らない面白さがありましたね~
それにしても、ガンダムに乗ると天に召されるとは、、なかなかエグい設定ですね。

雑談はこの辺にして、内容に入っていきます!
このキットの難易度は以下のようになっています。

顔回りのパーツが細かかったり、クリアパーツのはめ込みがあったりで細かい作業を要しますが、
パーツ数は多くないので難易度は★1としています!
それでは、紹介に入っていきます!

ランナー

ランナーは4枚となっていて、パーツは少ないキットになっていますね。
これだけのパーツ量でシュバルゼッテが出来上がるなんて、ランナーを見ただけでわくわくさせてくれるキットですね!
シールはパーメットリンク発動有無を選ぶことができます。
また、珍しくシールが2枚ついていて、武器用のシール(上画像の下側シール)は普段のシールより分厚くてしっかりしたものになっています。
色プラが多くはないですが、パチ組でどのくらい色分けがされているのか楽しみです!!

全体

全体的なプロポーションも完璧ですね!!
特徴的な頭部や足もしっかりと再現されています!
さらに、HGとは思えないほどの顔回りの色分け、、バンダイさんの本気度が伝わりますね!

可動域

ここから各部の可動域を確認していきます!!

頭部

左上:下向き、右上:上向き、左上:横向きとなっています。
下向きはほぼできず、上向きもあまり向けないですね。
横向きは干渉するものがないので、いくらでも回転することができます!

腕部

膝関節は2重関節となっていて十分な可動域となっています。
横にはほぼ水平になるまで上げることができ、肩は前に引き出すことができます!
最近のHG同様によく動きますね!!

脚部

膝関節も2重関節になっています!
横はサイドスカートのようなものは足についているので横に上げる際干渉することなく水平近くまで上げることができます。

腰部

横回転は干渉が無いため360°回転することができます!
前側には少し動きますが、後ろ側には動かなかったです。

武器類

シュバルゼッテの最大の特徴の大剣です!
大きい武器を持つロボットってかっこいいですよね!
さらに分解してビームソード、ガンビットに分かれます。
画像左下のピンを使っていろいろな組み合わせが可能になっています。

バックパック部分にある筒状のパーツ(上画像赤丸部)は回転させることでジョイント穴が出てきます。
これを使ってガンビットを接続したり、大剣をマウントすることができます。
(腰にもジョイントがあり、説明書では大剣は腰にマウントするようになっていますが個人的にこっちのほうが好みです)

ポーズ

大剣と言えばまずこのポーズをさせたくなります笑
これだけでもかなりの貫禄がありますよね!!

銃モードも簡単に再現可能です。
これだと大剣を両手持ちしているようにも見えますね。

次は箱絵再現です。
大剣は重量もあるのですが、関節がしっかりしていて腕が落ちてくることもなく保持してくれます。
最近のHGガンプラはポリキャップが使われなくなって関節が強くなりましたね。
この進化はうれしい!

片翼って中二病感があっていいですよね!!
バサっと広げた感じを出してみました。
ずっしりとした大剣が分裂して翼と剣が出てくるのも魅力的です!!

おわりに

以上、いかがだったでしょうか。
大人気キットなだけあって最高の出来になっていました!
関節もしっかりしていて、動かして遊ぶ方でも十分に楽しめると思います。
まだまだ人気のキットなので見かけたらとりあえず買っておくのもいいかもです!
少しでも気になっている方の参考になればうれしいです!

では、また別の記事でお会いしましょう!

良い、プラモデルライフを!!

↓参考としてネット通販のリンク張っておきます。
気になる方はぜひ覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました