30MM エグザビークル(小型量産機ver.) プラモデル パチ組レビュー

30MM

こんにちは!こんばんは!

今回はバンダイから発売されている30MM エグザビークル(小型量産機ver.)を紹介します!

このキットは、定価858円(税込み)で2021年に発売された、少し前のキットになっています。
ロボット物のSF映画に出てきそうな見た目をしていてロボット好きにはたまらないキットになっているのではないでしょうか?
これも30MMのいろいろな機体に各部位を組付けることができるようになっているのでカスタムもしっかり楽しめますね!

では、本題に入ります!
本キットの難易度は以下のようになっています。

いつもの30MMとは少し異なるキットとなっていますが、組み立てやすさは変わらずでした!
では、内容に入っていきます!

ランナー

ランナーは4枚となっていて、エグザビークル系としてはこれくらいですかね。
このキットでは使わなさそうなハンドパーツがついていますが、これは別の機体で使えるのでありがたいですね!

全体

まずは全体から見ていきましょう!

本当にSF映画に出てきそうですね!
両腕が銃になっているのもいいですね!!

胴体にいくつかギミックがあり、前面にはコックピットハッチがあり開閉が可能になっています。
また上部には首ジョイントが隠れていて引き出すことで別機体の頭部を取り付けることが可能になっています。

可動域

ここからは可動域を見ていきます!!

腕部

腕部は肘で1重関節となっています。
肘を曲げるだけでも銃口を上に向けることができるくらい曲げることができます。
ただ、横方向へ上げるのはほとんどできないですね

脚部

肘関節も同様に1重関節となっています。
こちらも十分曲がるのでポージングは問題なさそうです。
横方向へは45°くらいまで開くことが可能となっています。

腰部

横方向へは360°回転可能となっています。
前後はあまり動かないですね。。

ポーズ

では、少しポーズをとらせてみましょう!!

機関銃構えポーズ。
これだけでもかなり攻撃力高そうですよね。
腕が銃になっている機体はロマンがあっていいですね~

前進ポーズ。
足を上げた状態でも自立してくれるバランスをお持ちのようです笑

おまけ

サイズ感を見るため、アルトと並べてみました!
「小型量産機」とあるだけあって少し小さめですね。
画像等を見ると大きめに見えたので、こんなに小さかったのか!というのが第一印象でした笑

引き続きアルトを使ってカスタムしてみました。
今回のキットは股関節のジョイントに人型機体の肩のジョイント、肩のジョイントに人型機体の股関節のジョイントが使用されているため、画像のような異様な機体を作ることができます。
まともに動けなさそうですね。。

これは個人的にお気に入りです!
腕の銃パーツをバックパックに取り付けて羽のようにしてみました。
また、コックピット部分はアルトの胴体前側にぴったりとつけることができました。

おわりに

以上、いかがだったでしょうか。
思ったより小型のキットでしたが、なかなか遊びの要素は満載になっていました!
これは複数購入される方も多いのではないでしょうか。
本キットを気になっている方の参考になればうれしいです!

では、また別の記事でお会いしましょう!

良い、プラモデルライフを!!

↓参考としてネット通販のリンク張っておきます。
気になる方はぜひ覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました