30MM アルト(空中戦仕様) プラモデル パチ組レビュー

30MM

こんにちは!こんばんは!

今回はバンダイから発売されている30MM アルト(空中戦仕様)を紹介します!

このキットは、定価1980円(税込み)で2019年に発売された、少し前のキットになっています。
30MMは最近カスタマイズミッションが開催されて、X(旧twitter)で盛り上がっていましたね!
皆さんかっこいい作品を出されていて、見惚れてしまいました。
もう少し手を出すタイミングが早かったら僕も参加したかった、、、
皆さんの作品を眺めながら今回のキットを作成していました笑
↓に公式Xアカウントリンクを載せておきますので、興味がある方覗いてみてください!

https://twitter.com/30mmissions?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

雑談はこれくらいにして、本題に入ります!
本キットの難易度は以下のようになっています。

さすが30MM、組み立てるのはめちゃくちゃ簡単ですね。もはや★1以外はないのでは?
今回はアルト本体と武装パーツがあるので、複雑になっているかと思いきや全くそんなことなかったです。
とはいえ、紹介する内容は盛りだくさんなので是非最後まで見ていただけると嬉しいです!!
では、内容に入っていきます!

ランナー

ランナーは8枚となっていて、30MMの中ではかなり多いのではないでしょうか。
ただ、8枚中5枚はフライトユニットパーツのランナーなので、本体のランナーがかなり少なく感じますね笑

全体

まずは、アルト本体から見ていきましょう!

側面
背面

全体的に角ばった印象で、以前に紹介した機体とまた違ったかっこ良さがありますね!
ザ・ロボットという見た目になっているので個人的にはかなり好きなタイプです。

可動域

アルト本体での可動域を見ていきます!

頭部

下向き
上向き
横向き

相変わらずよく動きますね!
首が少し長めになっているので、襟部分に干渉することなく回転させることが可能になっています。

腕部

伸ばし状態
曲げ状態
横上げ状態

肘は1重関節ですが、かなり曲がります。
横に上げるのも、水平状態まで余裕ですね。

腕の接続部分は前に引き出すことが可能になっています。
カスタムパーツなどで両手持ちをさせたい場合なども問題なさそうです。

脚部

伸ばし状態
曲げ状態
横上げ状態

膝は2重関節で腿部分もよく上がります。
また、横方向へも水平以上に上げることができるようになっており、今まで紹介した中では1番ですね!

股関節部分は毎度おなじみの構造になっており、軸回転で前後に動かすことができるようになっているので、ポーズをつけるときの自由度がかなり高いです!

腰部

横方向
前方向
後ろ方向

後ろ方向は一応載せていますが、ほとんど直立と変わらないですね笑
その代わり、腰回転と前側へ曲げるのはかなりできるようになっています。

カスタムパーツ装着

ここからカスタムパーツ(空中戦仕様換装パーツ)の紹介です。

カスタムパーツ

全部並べると下の画像のようになります。
思ったより多くないかなという印象でした。
※バックパックの翼は展開すると画角に収まらないのでたたんでいます

組み換え部品

まずは、本体から組み替えるパーツを紹介していきます。

組み換え前パーツ
組み換え後パーツ

組み替えるパーツは、顔・胸・脚(膝から下)です。
こう見るとシンプルですね。
組み換えが多すぎると手間になってしまうので、このくらいの量はちょうどいいですね!
ただ、足首のCジョイントパーツを着脱しないといけないので、繰り返しでへたってこないかが心配です。(予備パーツが欲しい)

全体(組み換え後)

前面
側面
背面

雰囲気が一気に変わりましたね!
脚も少し伸びたので全体的に高くなりました。
鳥のような足になっていて面白いですね。

バックパック

バックパック単体の紹介をまずします!

全体

ガンダムのエールストライカーを思わせるような見た目になっています。
翼を広げるとかなり横幅が大きくなるので迫力が出ます!
大きいことはいいことだ!

可動部

バックパックの可動を紹介します。
①~⑤が主要な可動部になっていますので、それぞれ見ていきます。
※③は翼部回転のみのため省略します

①マルチブースター部分が干渉するため、30°くらいの可動域となっています。
②干渉する部分が無いため、360°回転することが可能です。

ー1
ー2

④マルチブースターの可動です。
2重関節になっていて、かなり曲げることが可能になっています。
また、前側にも45°程出すことが可能です。

⑤ー1
ー2

⑤マルチブースターの先端部も可動します。
⑤-1は閉じ限界、⑤-2は開き限界です。

装着状態

お待たせしました!!
バックパックをアルトに搭載して完成させます!
まずは全体を見ていきます。

前面
側面
背面

素立ち状態でもこのカッコよさ。
飛行タイプで青色はナイスな配色ですね!
オレンジ色のタイプもあるようですが、そちらもカッコよさそうでした!

ポーズ

フライトポーズ

単純なフライトポーズもしっかりきまりますね!!
このポーズはなかなかお気に入りです。

ビームライフル構えポーズ

このキットにフライトユニット以外の武装は無いですが、フライトユニットについているビームライフルはグリップパーツも付属しているため、付け替えで手に握らせることも可能になっています。

バック撃ちポーズ

マルチブースターを前方に向けて2連ビームライフルを撃っているのを想像してポーズ取りしてみました!
どう、、ですかね、、笑
個人的には好きです。

おまけ

バックパックのマルチブースターを脚につけることが可能になっているとのことで、つけてみました!

マルチブースターへの組み換え
素立ちポーズ

これでもなかなかいい感じですね!
脚にもブースターがついてかなり速そうな印象になっています。

ダッシュポーズ

空中ダッシュポーズやってみました。
ガンダムでもそうですが、ライフルを持ちながらの飛行ポーズってかっこいいですよね!

おわりに

以上、いかがだったでしょうか。
かなり内容が詰まっているキットになっていると思います!
これで2000円切るのはなかなかお買い得なのではないでしょうか。
可動も問題ありませんし、ベースは単体でも販売されているアルトなので、別のカスタムパーツを取り付けることも可能になっています。
このキットを気になっている方の参考になればうれしいです!

余談ですが、これで30MMの3大勢力が1機ずつできました。
30MMの世界観をモデルにした戦闘風景なども撮りたいと思っていますので、また見ていただけると嬉しいです!

それでは、また別の記事でお会いしましょう!

良い、プラモデルライフを!!

↓参考としてネット通販のリンク張っておきます。
気になる方はぜひ覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました