境界戦機 HG1/72 メイレス レイキ改 プラモデル パチ組レビュー

境界戦機

こんにちは!こんばんは!

今回はバンダイから発売されている境界戦記 HG メイレス レイキ改を紹介します!
このキットは、定価2750円(税込み)で2022年6月に発売された、少し前のキットになっています。
境界戦機キット2つ目ですが、以前紹介したプロトゴウヨウとは関節がかなり変わった作りになっていました!じっくり紹介していきますので楽しんでいってください!

では、本題に入っていきます!
本キットの難易度は以下のようになっています。

製作時間は少しかかりますが、難しくは無いキットになっていました!

では内容に入っていきましょう!

ランナー

ランナーは全部で11枚となっていて、前回紹介したプロトゴウヨウと同じくらいの数になっていますね!
シールは1枚のみ入っていて、色が足りない部分に貼るものと、カメラアイ用のシールになっています。

全体

まずは完成したものの全体を紹介します!
腕と脚の関節がかなり独特ですね!
腰のマントのような装甲もかっこいいですね!広げると翼のようになりますが、それは後程紹介します!

可動域・ギミック

各部位を紹介していきます!

頭部

まずは頭部です!

回転は顎を上げれば回転できますが、下を向いた状態ではあまり動かすことができませんでした。
上向きはかなり動いてくれますが、下向きはあまり動きませんね。

腕部

次は腕廻りです!

肘、手首はかなり動き、手で肩に触れることができるまで動かすことができるようになっています。
横方向への腕上げは水平まで上げることが可能になっていますね。
めっちゃ動く笑

腕の関節を近くで見ると画像のようになっていて、ロボットキットで見られるような挟み込みタイプじゃないですね。
なので干渉するものも無いですね笑

肩は前側に引き出すことが可能になっていていますが、胴体横に一緒に稼働するギミックがあります。

脚部

次は脚廻りです!

なんと、1回転できちゃいました笑
凄い関節になっていますね笑
動かせる部分は膝と足首になっています。
また、足首は回転もできるようになっています。つま先も上下できるようになっていますね。
可動域がとにかくすごいですね!

腰部

最後は腰廻りです!

腰回転は後ろのマントに干渉して360°回転はできませんが90°は回転可能になっています!
前側には下を向けるぐらいまで動かすことができるようになっていますが、後ろは動きませんでした。

後ろのマントは展開して翼のようにすることができるようになっています。
かなり大きくなりますね!

武器・付属品

武器と付属品の紹介です!

武器は薙刀型の近接武器、付属品は握り手(左右)と射撃手(右)となっています。

薙刀はグリップ部が伸縮できるようになっていて、知事ませると大剣のようになります。

持たせると下の画像のようになります。
めっちゃかっこいいですね!

ポーズ

ここからはポージングしたものをいくつか紹介していきます!

まずは飛行ポーズ。
翼が全部映らない笑

武器構えポーズその1。
ただ構えるだけでもこのカッコよさ!
全体的にトゲトゲしている形状がいいですね!

武器構えポーズその2
可動域が優秀すぎて簡単に武器を肩にかけることができてしまいます!
ブラックライトでカメラアイを光らせてみましたが、あまりわからないですね笑

おわりに

以上、いかがだったでしょうか。
見た目から独特な機体でしたが、完成状態でかなりかっこいいですし、可動域も優秀なので作ってもポーズをとらせても楽しいキットになっていました!
関節も挟み込みタイプではありませんが、しっかりしていてポロッと落ちる心配もありませんでした!
このキットを気になっている方の参考になればうれしいです!

では、また別の記事でお会いしましょう!

良いプラモデルライフを!!

↓参考までにネット通販のリンクを貼っておきます!
気になる方は覗いてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました